面接における企業研究の重要性

面接は採用試験の中でもかなり重要な位置づけにあたる関門です。

面接における企業研究の重要性

面接における企業研究の重要性 面接は採用試験の中でもかなり重要な位置づけにあたる関門です。面接対策についてまとめられた書籍は星の数ほど市販されておりますが、こうした書籍に書かれたままの内容をテンプレート的に答えるだけでは十分ではありません。より有利に面接を進めるためには自分で集めた情報が物を言います。そして、ここでいう情報とは企業研究のことです。

企業研究というのは面接を受ける企業について調べる作業のことです。設立から何年経っているのか、本社はどこか、資本金や従業員数はどの位の規模なのか、上場しているかどうか、柱となっている事業は何で主な取引先はどこか、最近何か大きな方針転換や新サービス発表といったニュースはないかあたりは確実に調べましょう。

これらの情報はその企業がこれからどういった事業を展開しようとしているのか、どの段階でどの部署の人間が面接官を担当しそうか、どういったスキルが歓迎されそうか、どのような社風でどのような人物像が好まれそうか、といったより有利なキャラクター像を設定するのに役立ちます。こうした企業研究で得た情報からその企業の今後の方針やビジョンを推察し、それにマッチしたスキルやビジョンをアピールすることで面接をより有利に進めることができるというわけです。

おすすめサイト